審美歯科

当院の審美歯科

当院の審美歯科

審美歯科とは、歯をきれいにすることが大きな目的ですが、それだけではなく、歯と歯肉の形や歯肉を美しくして口元の調和を図ることが重要です。また、歯の形態や歯肉を美しくするために、仮歯を必ず一度入れて、より精度高く歯を製作するようにしています。

また、従来はシリコンという材料を使用したかたどりをしていましたが、硬化に時間がかかるのと、大きなものが口の中に入る不快感があります。そのため、当院で口腔内スキャナーを使用して歯を製作しております。

被せ物の種類

被せ物の種類
  1. インレー インレーとは、虫歯などで歯の一部を失ったところを部分的に覆う治療です。
  2. クラウン クラウンは歯を大きく失った場合に歯の全体を覆いかぶせる治療です。
  3. ブリッジ ブリッジはクラウンが連結されているもので、歯を失ってしまった場合に補う治療方法で、欠損補綴と呼ばれる方法の一つです。歯を失った部分の周囲に歯をかぶせて、歯を失った部分はダミーの歯を入れることで補うことができます。

補綴物の違い

補綴物の違い

オールセラミック
(セラミック)

メリット

  • 天然歯にかぎりなく近い色なので目立たない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 生体親和性に優れている
  • 変色がない
  • プラークが付着しにくく虫歯になりにくい

デメリット

  • 素材が固いので、咬み合う歯を傷つけることがある
  • 保険適応外のため治療費が高くなる

オールセラミック
(ジルコニア、ポーセレン)

メリット

  • 天然歯にかぎりなく近い色なので目立たない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 生体親和性に優れている
  • 変色がない
  • プラークが付着しにくく虫歯になりにくい

デメリット

  • 素材が固いので、咬み合う歯を傷つけることがある
  • 保険適応外のため治療費が高くなる
  • まれに歯が割れてしまう可能性がある

フルジルコニア

メリット

  • 金属アレルギーの心配がない
  • 生体親和性に優れている
  • 変色がない
  • プラークが付着しにくく虫歯になりにくい

デメリット

  • 光の当たり方によっては透明感が少なく、人工的に見える場合がある
  • 素材が固いので、咬み合う歯を傷つけることがある
  • 保険適応外のため治療費が高くなる
  • まれに歯が割れてしまう可能性がある

CAD/ACM冠

メリット

  • 保険適用の歯なので、保険外と比較して安価である
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 経年劣化とともに色が茶色くなる
  • セラミックより柔らかく破折の可能性がある
  • 汚れがセラミックよりつきやすい

フルメタルクラウン

メリット

  • 保険適用内なので比較的安価である
  • かぶせもの自体が割れる心配がない

デメリット

  • 金属色が見える
  • 徐々に内部が腐食して2次的に虫歯になることがある

審美歯科症例

Case1

Before
症例
After
主訴 前歯の色が気になる
治療期間 3か月
治療費 270,600円
治療内容 上の前歯を形成して、フルジルコニアクラウンをセットした
治療の
リスク
金属より多少歯を削る量が多い
まれに歯が欠ける可能性がある

Case2

Before
症例
After
主訴 前歯の色が気になる
治療期間 6か月
治療費 811,800円
治療内容 上の前歯を形成し、フルジルコニアブリッジをセットした
治療の
リスク
金属より多少歯を削る量が多い
まれに歯が欠ける可能性がある

Case3

Before
症例
After
主訴 前歯の色が気になる
治療期間 3か月
治療費 1,082,400円
治療内容 右上の劣化したクラウンと下の前歯のブリッジを除去し、
フルジルコニアクラウンとブリッジをセットした
治療の
リスク
金属より多少歯を削る量が多い
まれに歯が欠ける可能性がある

Case4

Before
症例
After
症例
補綴物
症例
治療費 99,000円
治療内容 フルジルコニアクラウン
治療の
リスク
まれに破折の可能性がある

Case5

Before
症例
After
症例
補綴物
症例
主訴 段差にものがつまる
治療期間 1か月程度
治療費 308,000円
治療内容 不適合のかぶせものを除去し、ジルコニアクラウンをセットした
治療の
リスク
まれに破折の可能性がある

Case6

Before
症例
After
症例
主訴 歯が痛い
治療期間 1か月程度
治療費 121,000円
治療内容 根管治療の後、ジルコニアクラウンをセットした
治療の
リスク
まれに破折の可能性がある