マウスピース矯正

マウスピース矯正に
ついて

マウスピース矯正について

マウスピース矯正の特徴

リアム歯科クリニック東大島が推奨するマウスピース矯正はインビザラインです。米国アライン・テクノロジー社は、1999年、マウスピース型矯正治療「インビザライン・システム」を、米国の矯正歯科医師を対象に提供を開始いたしました。

透明に近く目立ちにくい、取り外しが可能な新しいアプローチの歯科矯正インビザライン・システムは、現在、世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに900万人を超える患者様が治療を受けられています(2020年10月時点)

ワイヤーやブラケットを一切使わず、完全オーダーメイドのマウスピース型の透明な矯正装置(アライナー)を1~2週間毎に交換しながら歯に装着することで、少しずつ理想的な歯の位置に動かしていきます。

インビザラインのメリット

  1. 目立たない インビザラインの一番のメリットは、装置が目立たないことです。薄く透明に近い装置は、装着していても着けていることがほとんど分かりません。マウスピース矯正は、治療中の見た目が気になる方、人と接する機会の多い方などにおすすめの矯正治療法です。
  2. 虫歯や歯周病を
    発症しにくくなる
    自分で取り外しができるので、普段通りの歯磨きやメインテナンスが行え、口腔内の清潔を保てるだけでなく虫歯や歯周病にもなりにくいです。
  3. 装置を外して、食事ができる 他の矯正装置とは違って、患者さまご自身の手で取り外しができることが大きな特徴のひとつ。マウスピース矯正は、食事の時には取り外すことができるので、装置に食べ物が詰まる心配なく、治療中も普段通りに食事ができます。

マウスピース矯正が不可能なケース

  1. 重篤な歯周病の方 インビザラインに限らず、重篤な歯周病の場合は矯正治療を行っている途中で歯が抜けてしまう恐れがあります。矯正治療を行う前に歯周病を治療する必要があります。
  2. 歯の数が少ない、
    咬合力が強すぎる
    歯が少ない、咬合力が強すぎるなど、症例によってはマウスピース矯正が難しいケースもあります。顎関節症の場合でも、症状によっては矯正治療の前に治す必要があります。
  3. 極度に歯並びが悪い方 極度に歯並びが悪い場合には当初予定していた計画通りにならないことがあります。その都度計画を修正するので、他の矯正方法に比べ治療期間が長くなる・費用が多くなるなど患者さまのご負担が大きくなってしまいます。

マウスピース矯正の治療期間

1年以内に終わることもありますが、平均して2~2年半程度かかるので、一般的な矯正治療と同じくらいの期間がかかります。

マウスピース矯正の流れ

  1. カウンセリング 患者さまの歯並びのお悩みや治療に関する疑問を歯科医師がヒアリングします。そして、歯科医師からマウスピース矯正の治療内容やメリット・デメリット、費用などの説明を受けます。 ポイントは、疑問や不安があれば、どんな小さなことでも質問することです。治療前の不安が解消されないまま治療が進むと、後々トラブルにつながることもあります。 カウンセリング
  2. 精密検査 マウスピース矯正による治療を希望される場合は、精密検査に進みます。 精密検査では、口腔内検査のほかにレントゲン撮影、顔や口の中の写真撮影を行ないます。 そして、矯正装置(アライナー)を作るために歯の型採りをします。 精密検査
  3. 治療計画のご説明 精密検査の結果をもとに歯科医師が治療計画を立て、患者さまにその内容と治療期間、費用についてご説明をします。 患者さまが治療計画と費用についてしっかり納得したら、治療がスタートします。 治療計画のご説明
  4. 矯正治療開始 患者さま専用に作製された矯正装置(アライナー)を装着します。 取り外しが可能なアライナーの着脱方法やお手入れ方法、注意事項などを歯科医師が患者さまに説明します。アライナーは、装置の種類によって違いますが、1日に装着する時間が決まっています。指定された時間装着しながら、治療の段階に合わせて新しいものにつけ替えていきます。 矯正治療開始
  5. 治療完了・保定 すべて理想の歯並びに整ったら、さらに一定期間、保定装置を装着して元の歯並びに後戻りするのを防ぎます。 治療完了・保定